ミツバオウレン

ミツバオウレン(キンポウゲ科)[三葉黄蓮]

名は、オウレンの仲間で3小葉からなることからついたもの。
亜高山帯~高山帯の針葉樹林内のやや湿ったところや雪田の縁に生える無毛、常緑の多年草で高さ5-10cmになる。糸状の根茎を長く横にはわせて節から出根して群生する。
花より遅れて新葉が展開し、越冬した葉の共存する。葉は根生し長い柄を持つ3出複葉。小葉は無柄、長さ1-3cm、幅0.8-2.2cmの倒卵形でやや厚く光沢があって、縁に浅い切れ込みと不揃いの鋸歯がある。
直径0.7-2cmの白色の花を茎の先に1個上向きにつける。花茎は緑色で上部に線形の苞がある。花弁のように見えるのは萼片で5個あり幅2.5-3.5mmの長楕円形で両端がとがる。花弁は5個あり黄色で小さなさじ形で蜜を分泌する。雌しべは4-8個、雄しべは多数あり花糸と葯は白色。
果実は長さ3-8mmの卵形の袋果。袋果は輪状に開出し長さ4-7mmの柄があり先に長い花柱がある。側面に縦脈はない。
八重咲きのものをヤエザキミツバオウレン、花が黄緑色で玉咲きになるものをタマザキミツバオウレンという。
黄蓮は漢方薬となる中国産の植物のことだが、日本では別種キクバオウレンをオウレンとよんでいる。
花期:6-8月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2006.6.25 秋田県由利本荘市
ミツバオウレンの花
黄色い花弁は退化して蜜を出す器官と化している。
2004.6.5 岩手県湯田町

ミツバオウレンの果実(袋果)
成長し始めた袋果とまだ残っている花弁や雄しべ。
2015.7.5 岩手県八幡平市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。