ミチノクネコノメソウ

ミチノクネコノメソウ(ユキノシタ科)[陸奥猫の目草]

北日本に多いのでこの名がある。ミチノクネコノメともいう。チシマネコノメソウの変種とされるが、区別しない見解もある。
山地の谷沿いの林下に生え、高さ5-20cmになる無毛の多年草。花茎は暗紅色を帯びる。
ロゼット状の根生葉があり、花時まで残る。茎葉は0-1対あり、狭い扇形で小さい。
苞葉は茎葉より大きく、上半部に不規則な鋸歯が目立つが、変化があり低く鈍いものも多い。
苞葉に囲まれて花がつく。花は直径3-4mmでごく短い柄がある。花弁はなく、萼片は黄緑色で4個あり平開する。花盤は淡黄緑色。雄しべは8個で直立し、裂開直前の葯は橙赤色~淡橙黄色。花柱は2個。花後に根生葉の腋から細長い匐枝を出し、途中に1対の葉をつけて出根し先端にロゼットをつくり越冬する。
果実は蒴果で、2個の心皮が斜開し大きさが異なる。種子は卵円形で10数個の稜がある。
関東以西に生えるイワネコノメソウも裂開直前の葯の色が橙赤色~淡橙黄色となるが、ミチノクネコノメソウとは花期における根生葉の有無が異なり、イワネコノメソウはないが、ミチノクネコノメソウは花期に根生葉が残る。
母種のチシマネコノメソウは、匐枝に1対の葉はなく先端のロゼットのみ(走出枝)。裂開直前の葯は鮮黄色または汚紅色。苞葉の鋸歯はごく低く鈍い。
花期:4-6月
分布:本(近畿北部以北)
撮影:2003.4.12 青森市
ミチノクネコノメソウ-2
茎葉と苞葉が細いタイプ。鋸歯も明瞭。


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。