ミタケスゲ

ミタケスゲ(カヤツリグサ科)[深岳菅]

名は、深山に生えるスゲの意。
亜高山帯~高山帯の高層湿原に生え、根茎は短く密に叢生する多年草で、有花茎は高さ20-50cmになる。
根元の鞘は赤みを帯びない。高山で見かけるスゲの中でもっとも果胞が長く、1-1.3cmあるので覚えやすい。
葉は1-3個つき有花茎より低く、やや硬く幅2-5mm。
小穂は3-5個つき、頂小穂1個は雄性で1-1.5cmの線形、柄は短く目立たない。側小穂は雌性で2-4個、鱗片は長さ5-6mm。下方のものは長い柄があって直立する。基部に葉状の細長い苞があり、有鞘。鱗片は淡褐色で芒はない。
果苞は淡緑色で大きく、長さ1-1.3cmの線状披針形で長い嘴がある。熟すと反曲して小穂は星形になる。
痩果は3稜形で柱頭は3分岐する。
花期:6-8月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2005.7.9 秋田県大仙市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。