ミネウスユキソウ

ミネウスユキソウ(キク科)[峰薄雪草]

名は、山に生えるウスユキソウの意であるが、ウスユキソウ自体が低山帯上部に生えるので、「峰」はそれより高い山を指す。ウスユキソウの高山型変種とされる。
本州中部と東北地方の高山帯の乾燥した草地や礫地に生え、茎は硬くて背は低く、高さ10-15cmの多年草。
根生葉は花時には枯れてない。茎葉は密に互生し、長さ2-4cm、幅0.7-1cmの披針形~長楕円形で先はとがり、基部は茎を抱くことはない。表面の綿毛は少ないが、裏面は綿毛が密生し白色。
頭花は花茎の先に数個つき、柄はないかあってもごく短い。頭花は直径1-2mmで全て筒状花からなる。苞葉は長楕円形で数個あり、茎葉より小さく、綿毛が密生して緑白色を帯びる。
果実は長さ約1.5mmの長楕円形の痩果で微毛がある。
ウスユキソウは丈が高く、はっきりとした頭花柄があることで見分けるが、変化が連続していて、亜高山帯ではどちらともつかない中間型がみられる。
奈良県の大峰山脈と四国の高山に生えるコウスユキソウは、高さ10-15cmで葉は長さ1.7mmほどの小さいへら形。南アルプスの仙丈岳と山麓の戸台の石灰岩地に特産するカワラウスユキソウは茎が硬く、葉の長さ2cm、幅5mmほどで両面に綿毛が密生する。
花期:7-8月
分布:本(中部以北)
撮影:2004.7.17 静岡市葵区
ミネウスユキソウ2

ウスユキソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。