クルマバツクバネソウ

クルマバツクバネソウ(シュロソウ科)[車葉衝羽根草]

名は、ツクバネソウに似て、輪生状の葉が多いことから荷車の車輪に見立てたもの。「衝羽根」は羽子板で突く羽根のついた玉のこと。ツクバネソウ属は4数性。
深山のやや湿った林内に生え、茎は直立し高さ15-40cmになる多年草で根茎を横に伸ばして殖える。ツクバネソウよりも深い山に生える。
茎頂に葉を6-8個輪生する。葉は無柄で、長さ5-15cm、幅1.5-4cmの長楕円状倒披針形で、網状脈があるが3本の主脈が目立ち、先は鋭くとがる。
茎頂から花柄を出し、直径4-7cmで黄緑色の花を上向きに1個つける。花弁に見える外花被片は4-5個あり、緑色で長さ3-4cmの披針形~狭卵形。内花被片は4個あり、黄色で線形、外花被片より短く、外花被片の間から下に垂れる。雄しべは8-10個あり、葯は5-8mmの線形で黄色、葯の先に葯隔が細長く突き出る。雌しべは黒く花柱は4裂する。
葉が細く6-8個輪生するので、葉が4個で幅広いツクバネソウとの区別は容易。クルマバツクバネソウは、葯隔が長く突き出ることもよい特徴。
果実は球形の液果で紫黒色に熟す。
根茎は漢方で王孫<おうそん>といい鎮痛に用いる。若葉は食用にする。
花期:5-7月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.5.9 仙台市太白区
クルマバツクバネソウ-2
2005.6.5 岩手県玉山村

ツクバネソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。