コウシンヤマハッカ

コウシンヤマハッカ(シソ科)[甲信山薄荷]

ヤマハッカに似て、甲信地方に産することによる。
以前はカメバヒキオコシの変種とされていたが、現在はイヌヤマハッカの変種とされる。
深山の林下や林縁に生え、高さ60-90cmになる多年草。茎は4稜があり下向きの短毛が生える。
葉は対生して長さ5-10cmの柄があり、質は薄く多毛、長さ6-15cm、幅4-6cmの卵形~狭卵形。縁に鋭い鋸歯がある。先はカメバヒキオコシと異なり、3裂せずに尾状に伸び、先は鋭くとがる。基部は広いくさび形~切形で柄の翼につながる。葉の形は変異が多く、先が長く伸びないものや、幅の狭いもの、浅く3裂するものも見られる。画像の個体はごく浅く3裂しているようにも見え、カメバヒキオコシに近い。
茎頂に総状花序を出し、淡青紫色で筒状の唇形花を斜め下向きに多数つける。花冠は短毛が生え、長さ0.9-1.1cmで、上唇はヤマハッカのような濃紫色の斑紋はなく、4浅裂して反り返り、下唇は舟形。雄しべは4個あり、うち2個が長い。萼片は5個、3角形で先はとがる。上萼片の3歯は下萼片の2歯より長い。
果実は直径1-1.5mmの球形の4分果。
白い花をつける品種をシロバナコウシンヤマハッカという。
イヌヤマハッカは、葉の幅が狭く、長楕円形~披針形。
カメバヒキオコシは葉の先端は3裂し、中裂片が尾状に長く伸びる。
花期:8-10月
分布:本(山梨県・長野県)
撮影:2003.9.14 長野県安曇村

カメバヒキオコシに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。