コミヤマハンショウヅル

コミヤマハンショウヅル(キンポウゲ科)[小深山半鐘蔓]

山に生えるのでミヤマ、ハンショウヅルはつる性で花が満開時でも半鐘の形をしていることからついたもの。本種がミヤマハンショウヅルより特に小型とは思わないが、葉が2回ではなく、1回3出複葉であることで「小」の字をつけたのだろう。あるいは花の長さがいくぶん短かめかもしれない。逆にミヤマハンショウヅルより萼片が広く開く傾向があるので、花は大きく見える。
八甲田山、岩手山、早池峰山、秋田駒ヶ岳、飯豊山地など、東北の高山に生える木質で多年生のつる性植物で、テッセンやクレマチスと同属。
岩や低木に絡んで長いつるを伸ばす。葉は対生し3-7cmの柄があり1回3出複葉。小葉は長さ2.5-8cm、幅1-3.5cmの長楕円形で基部まで重鋸歯があり小葉の先は尾状にとがる。小葉がさらに3中~深裂しているので2回3出複葉に見える。
長い柄の先に赤紫色で直径、長さとも2.5-3.5cmの花が下向きに1個咲く。4個の花弁に見えるのは萼片で、縁に白毛が密生して白色を帯び、鋭く細くなり外側に少し反り返る。花弁は長さ1.5-1.8cm、幅1.5-3mmの細いへら形で10数個ある。雄しべは多数。
果実は長さ3-4mmで長い毛が目立つ倒卵形の痩果が集合果となる。先端に花後に長く伸びて羽毛状になった褐色の花柱が残る。イメージとしてはオキナグサセンニンソウの果実を思い浮かべればいい。
別変種のミヤマハンショウヅルは、葉が2回3出複葉であることで区別する。
エゾミヤマハンショウヅルは、花弁の幅が広く、幅3-4mmで萼片の先の白い縁取りが薄い。
花期:6-7月
分布:本(東北)
撮影:2004.6.27 秋田県田沢湖町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。