コミヤマカタバミ

コミヤマカタバミ(カタバミ科)[小深山傍喰]

名は、ミヤマカタバミに似ていて全体に小さいことからついたもの。
深山~亜高山帯のやや湿った針葉樹林下などに生え、地上茎はなく花茎の高さが5-15cmになる多年草。
根茎は細長く地中を分枝しながら横にはい、その先から葉を束生する。
葉は全て根生し、長さ3-10cmの葉柄がある3出複葉で幅1-3cmの倒心形の3小葉からなる。小葉はミヤマカタバミと比べて円みがあり、裏面に軟毛がある。小葉は就眠運動をし、夜間や曇天、雨天時に折りたたまれる。
根際から出た花茎の先に、直径1.5-3cmの花を1個つける。色は白が普通で淡い紫色の筋が入るが、淡紅色の花をつける個体もある。花弁は5個で先はわずかにへこみ、基部は黄色を帯びる。花弁の筋はしばしば赤紫色を帯びる。雄しべは10個、花柱は5個。花が盛りが過ぎるころに閉鎖花をつける。
果実は卵球形、長さ3-5mmの蒴果で全体に毛が密生し、熟すと種子を弾き飛ばす。種子は長さ2mmの長卵形。
全体に大きく、小葉の幅が2.5-5cmあり、蒴果が長楕円形で長さ1-1.5cmのものをヒョウノセンカタバミという。
花期:4-7月
分布:北・本(近畿以北)・四・九
撮影:1998.4.23 青森県新郷村
コミヤマカタバミ-2
2004.5.23 青森県田子町

ミヤマカタバミに戻る ヒョウノセンカタバミに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。