コイワカガミ

コイワカガミ(イワウメ科)[小岩鏡]

高山帯の湿った礫地や雪田周辺などに生え、高さ5-10cmになる小型で常緑の多年草。
イワカガミの高山性品種とされ、7月の登山シーズンの北アルプスなどで見られる葉の小さなイワカガミは本種。
葉は長い柄があって数個が全て根生し、直径1.2-3.5cmの円形~広卵形で縁に浅い波状の鋸歯が普通片側8個ほどある。鋸歯が不明瞭なものも多い。先は円いかややへこみ、基部は切形または浅い心形。厚い革質で表面に強い光沢がある。
花茎の先に、長さ1.5-2cm、直径1cmの紅紫色で筒状漏斗形の花を総状に1-5個つける。花冠の先は5中裂し、裂片はさらに細かく線形に裂ける。花筒の内側には細毛が生える。雄しべは5個、仮雄しべが5個ある。
萼は5裂し、萼片は長さ1.5-2mm。
果実は直径3mmほどの球形の蒴果で、上向きにつく。種子は長さ0.5mmの楕円形で両端に突起状の翼がある。
イワカガミの仲間は低山から高山まで幅広く見られ、生える地域によっても少しずつ形態が違い区別はつけにくい。イワカガミとコイワカガミを区別しない見解もあるが、生育環境は大きく異なる。
コイワカガミの母種であるイワカガミは、やや大型で、鋸歯は明瞭でコイワカガミより多く10数個ある。
オオイワカガミは主に日本海側の低山に見られ、葉が大型で長さと幅が10-20cmあり、丈も30cmにもなる。イワカガミの名は常緑の強いつやのある葉を鏡に見立てたもの。
花期:6-8月
分布:本(中部地方、大峰山)
撮影:2002.8.1 長野県大町市

イワカガミに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。