コバノコゴメグサ

コバノコゴメグサ(ハマウツボ科)[小葉の小米草]

名の「コゴメ」は、白い小さな花を米粒に見立ててついたもの。
山地帯~高山帯の風衝草原や礫地に生え、高さ3-15cmになる1年草。別名ヒメコゴメグサという。
茎に白い屈毛とやや開出する腺毛が混生する。
葉は長さ5-9mm、幅3-6mmの倒卵形または広いへら形で浅く切れ込み、裂片の先は円みがある。
花は長さ0.8-1.1cm、白色で紫色の筋がある唇形花。上唇の外側に長い軟毛が生え、下唇は内側に軟毛があって3中裂しさらに2浅裂し、中裂片に目立つ黄斑がある。花柱は花外に突き出る。萼は広鐘形で萼裂片の先が円く黒みを帯びる。
果実は倒卵形の蒴果で3-4個の種子が入っている。
全体に腺毛がほとんどないものをセンナシヒメコゴメグサという。
コゴメグサの仲間は高山だけでもミヤマコゴメグサ、ホソバコゴメグサ、ヒナコゴメグサ、コケコゴメグサ、マルバコゴメグサなどがある。どれも外見は酷似しており、変異も多いので同定は難しい。ミヤマコゴメグサは、4個の萼裂片が同じ大きさであること、葉や萼裂片の先がとがること、茎や萼に腺毛がないことで区別できる。
しかし、ある程度場所によりすみ分けしているので、それからおおむね判断できる。例えば南アルプスや八ヶ岳ではコバノコゴメグサ、北アルプスではミヤマコゴメグサ、中央アルプスではコケコゴメグサであることが多い。
コゴメグサの仲間は半寄生植物で、イネ科植物などに寄生する。
花期:7-9月
分布:本(南アルプス・八ヶ岳・関東北部)
撮影:2004.7.17 静岡市葵区
コバノコゴメグサ-2
2001.7.20 長野県茅野市

ミヤマコゴメグサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。