コバノイチヤクソウ

コバノイチヤクソウ(ツツジ科)[小葉の一薬草]

名は、イチヤクソウよりも葉が小さいことからついたもの。
山地帯上部~高山帯下部の針葉樹林下に生える常緑の多年草で、花茎は高さ10-20cmになる。部分的菌従属栄養植物(混合栄養植物)。
根茎は細く、長く横にはい匐枝を出す。
葉は長さ1-3cmの柄があって全て根生する。葉身は長さ1.5-3cm、幅1.5-2.5cmの卵状楕円形で縁に細かい鋸歯がある。基部は円形~広いくさび形で心形にならない。
花茎の先端に白色で直径1-1.2cmの花を下向きに2-7個つける。花冠は5深裂し、雄しべは10個あり、雌しべは1個で花柱は花外に突き出て上向きに曲がる。萼片は5個あり、長さ幅とも1mmの3角形で先はとがる。花茎には線状披針形の鱗片葉がつく。
果実は直径4-5mmで扁球形の蒴果。
和名を混同しやすいコイチヤクソウは別属で、葉は似ているが花は緑白色で花茎の一方に偏ってつき、花序の部分が横に曲がる。
イチヤクソウはよく似ているが、コバノイチヤクソウより背が高く15-25cmになる。葉は長さ4-7cmの楕円形~長卵形。萼片は細長い。
花期:7-8月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2008.8.3 長野県小谷村
コバノイチヤクソウ-2
よく亜高山のふかふかしたコケの上に生えているのを見かける。

イチヤクソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。