コバノフユイチゴ

コバノフユイチゴ(バラ科)[小葉の冬苺]

名はフユイチゴに似ていて葉が小さいのでこの名があり、 果実が冬に熟すわけではない。葉が円いので別名マルバフユイチゴという。
山地~亜高山帯の湿った林下に生え、高さ5-20cmになる常緑小低木で、枝は上向きの細い刺と白毛がありつる状に地をはい分枝してところどころで根を下ろして広がる。
北限は青森県で、沿海地では見かけないと書いてある図鑑もあるが、青森県では砂浜に接した林内でも見かける。
葉は互生し、長さ3-8cmの円形~卵状楕円形で先は円く、縁に鈍鋸歯があって基部は心形。両面に白毛が密生し、裏面の脈上と葉柄に細い刺がある。葉柄は4-7cm、托葉は長さ7-9mmで細裂し、脱落しない。
本年枝の枝先に直径2cmほどで白色の5弁花を1個上向きにつける。花弁は長さ1cm、萼片は長さ1.5-2cmの狭卵形で外面の刺状の毛があって細く切れ込みが入る。
果実は直径1cmほどの球形の集合果で、晩夏~秋に赤熟し食べられる。
よく似たフユイチゴは葉が浅く3-5裂すること、刺が少なく褐色の毛が多いこと、果期が冬であることなどの違いがある。
花期:5-7月
分布:本・四・九
撮影:2010.6.19 青森県六ヶ所村
コバノフユイチゴの果実
コバノフユイチゴの果実 2006.11.3 青森県蓬田村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。