キツネノカミソリ

キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)[狐の剃刀]

ヒガンバナと同じ仲間で、春に伸びる白みを帯びた細長い葉を、狐が使うかみそりにたとえてこの名がついた。北限は青森県で、北海道を分布域に入れている図鑑もあるが自生はなく、見かけるものは逸出したものだという。
山野の湿った林縁などに生える多年草。鱗茎は直径2-4cmの広卵形で外皮は黒褐色。
葉は根生し、春に出て長さ30-40cm、幅0.8-1.2cmの白緑色の帯状で先は円く、初夏に枯れそのあとに高さ30-60cmの花茎を数日で伸ばし、3-5個の花を散形状につける。
総苞片は2個で長さ2-4cmの披針形。花柄は長さ2-6cm。花は黄赤~橙赤色、花被片は長さ5-8cm、幅0.8-1cmの狭倒披針形で斜開してほとんど反り返らず、筒部は長さ1-1.5cm。雄しべは6個で花被片と同長かやや短く、葯は花糸に丁字状につき、長楕円形で淡黄色。子房は3室、花柱は糸状で長い。
果実は直径約1.5cmの扁球形の蒴果。ヒガンバナやナツズイセンは結実しないが、キツネノカミソリはよく結実する。種子は直径5-7mmの球形で黒色。
ヒガンバナはキツネノカミソリと同じく夏前に葉が枯れ、花時には葉がないが、葉の展開する時期が異なり、秋に葉を伸ばして葉が越冬する。また、キツネノカミソリはお盆のときに咲くのに対し、ヒガンバナはお彼岸のころに咲く。
この仲間はどれも鱗茎に良質のでんぷんを含み、古くから食用にされてきたが、一方で有毒な物質も含み、また薬としても使われてきた。
関東以西に分布するオオキツネノカミソリは、葉が幅広く1-1.5cmになり、花期は7月で花被片は長さ7-9cmで明らかに反り返り、雄しべは花被片より長く、花外に突き出る。
九州に分布するムジナノカミソリは、花期は7月、花被片は長さ5-6cmで反り返り、雄しべは花被片より長い。
花期:8-9月
分布:本・四・九
撮影:2004.8.29 青森県八戸市
キツネノカミソリ-2
2010.8.22 岩手県陸前高田市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。