キタヨツバシオガマ

キタヨツバシオガマ(ハマウツボ科)[北四葉塩竈]

北海道と東北地方の亜高山帯~高山帯の礫地や岩場に生える多年草で高さ20-60cmになる。ヨツバシオガマの別変種。飯豊山以北でヨツバシオガマと思われてきたものは、全て本種だという話もある。ハッコウダシオガマとよばれていたものも含まれる。
葉は3角状広披針形で羽状全裂し、裂片は7-12対で浅い切れ込みがある。ヨツバシオガマに比べて葉は大きくて数が多く、通常5-7個が輪生する。
花序に細毛が密生し、4-6個の赤紫色の花が通常7-12段輪生し、下から咲き上がってゆく。花冠は2唇形で上唇は鋭い嘴状になって下に曲がる。花柄は長さ1.5-4mm。花冠は萼との境で背軸側に曲がる。花序の長さや輪生段数は変化が大きい。
礼文島に生え、高さが0.7-1mに達し、花序に15-30段花がつくものをレブンシオガマという。
花期:6-8月
分布:北・本(飯豊山以北)
撮影:2001.6.30 青森市

ヨツバシオガマに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。