キオン

キオン(キク科)[黄苑]

シオン〈紫苑〉の紫色に対して黄色の鮮やかな花が咲くのでこの名がある。別名ヒゴオミナエシというが、オミナエシとはまったくの遠縁。遠くから見ると花の様子が似ているかもしれない。
山地帯~亜高山帯の日当たりのよい草地に普通に生える多年草で、太い茎が直立し、上部で分枝して高さ0.5-1mになる。茎にまばらな縮毛が生える。
葉は互生し、長さ10-17cm、幅3-6cmの広披針形~長楕円形。先はとがり、縁に浅くて先のとがった不揃いの鋸歯がある。両面に縮毛が生える。上部の葉は柄がなくやや茎を抱く。
茎頂に直径2-3cmの黄色い頭花を散房状に多数つける。頭花は直径1.7-2.5cmで雌性の舌状花は1列で5-7個あり、両性の筒状花は10個ほど。総苞は長さ6-7mmの筒形で基部に線形の苞葉が2-5個ある。
果実は痩果で冠毛は汚白色。
ハンゴンソウと間違えやすいが、ハンゴンソウは葉が3-7深裂するので、葉の裂けないキオンとは区別がつく。
ハンゴンソウの品種で、葉が裂けないヒトツバハンゴンソウはさらに似ているが、ヒトツバハンゴンソウは葉柄の基部の耳状の小さな葉があることでキオンと区別できる。
花期:7-9月
分布:北・本・四・九
撮影:2002.8.2 長野県大町市

ハンゴンソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。