カニコウモリ

カニコウモリ(キク科)[蟹蝙蝠]

名は、葉の形が蟹の甲羅に似たコウモリソウの意。
山地帯~亜高山帯の林内に群生する多年草で、茎は直立して高さ0.5-1mになる。一つ一つは地味だが、暗い林内で白い小花をたくさんつけた花の群生は思いの外目立つ。
茎葉は、中部以上に普通3個つき、長さ6-12cm、幅10-20cmの腎形で基部は心形、縁に欠刻状の不揃いの歯牙があり、先は急に短くとがる。横幅のほうが広く、まさに蟹の甲羅に似ている。葉柄は長さ3-15cmあり、翼はなく、基部は茎を抱かない。
細い茎の先に、円錐状に白い頭花を一方に偏って多数つける。1つの頭花は3-5個の筒状花とそれを包む総苞からなる。筒状花は両性で、先は5裂して反り返り、花柱は外に突き出て先は2裂して外側に輪状に巻く。総苞は白く、長さ8-9mmの細長い筒形、総苞片は3個で狭長楕円形。果実は長さ6mmの筒形の痩果で、白い冠毛がある。
伊豆半島に生えるイズカニコウモリは葉が2個。
写真はまだ開花していないもの。
花期:7-10月
分布:本(近畿以北)・四
撮影:2004.7.16 静岡市葵区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。