イワカガミ

イワカガミ(イワウメ科)[岩鏡]

名は岩場に多くあり、葉に光沢があるのを鏡に見立てたもの。
低山帯~亜高山帯の草地や岩場に群生する高さ10-20cmになる常緑の多年草。茎は短く地をはい、根際に長い柄がある葉を束生する。
葉は長さ幅とも3-6cmの円形~卵円形で厚くて光沢があり、縁に浅い鋸歯が10数対ある。先端は円いか、わずかにへこむ。日当たりのよいところでは葉が赤みを帯びる。
葉の間から花茎を伸ばし、頂部に淡紅色の花を3-10個下向きにつける。花冠は直径1-1.5cmの漏斗形で5裂し、裂片はさらに細かく裂けるので5裂しているのが一見してわからない。中に5個の雄しべと白毛がある5個の仮雄しべがある。萼は5裂し光沢がある。
果実は球形の蒴果で直径3-4mm。秋には果穂が上向きに伸び、裂開して種子を飛ばす。種子は長楕円形で両端に突起状の翼がある。
花冠が白色のものがあり、シロバナイワカガミといってまれに見られる。さらに大型のものにオオイワカガミがあり、日本海側の多雪地に分布する。
イワカガミは3-10個とたくさんの花を固めてつけ、高さは10-20cmとなるので豪華さを感じるのに対し、高山帯に生えるコイワカガミは、イワカガミより全体に小型で、1-5個の花をつけ、高さも10cm止まりで清楚な趣がある。
ヒメイワカガミは関東~紀伊半島の亜高山帯で見られ、葉は卵円形で1-5対の鋸歯があり、花は白または紅色。中部・東海地方の山地で見られるヤマイワカガミは、葉は卵形で8-18対の鋸歯があり花はほとんど白色。
花期:4-7月
分布:北(南部)・本・四・九
撮影:2006.6.18 秋田県大館市
イワカガミ-2
花の色は変化がある。 2004.6.5 岩手県湯田町

コイワカガミに戻る イワウチワに戻る 

オオイワカガミに戻る シロバナイワカガミに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。