イワベンケイ

イワベンケイ(ベンケイソウ科)[岩弁慶]

名は、岩場に生えるベンケイソウの意。別名イワキリンソウ、ナガバノイワベンケイという。
高山帯の風当たりの強い岩礫地、北海道では海岸の岩場にも生育する雌雄異株の多年草で高さ15-30cmになる。太い根茎から茎を束生し、株立状になる。
葉は無柄で輪生状に互生し、長さ2-3cm、幅1-2cmの倒卵状楕円形~卵形で、肉質、粉白を帯びる。基部はやや茎を抱き、鋸歯はないかまたは上部に不揃いの低い鋸歯がある。葉の形は生育地により変化が大きい。また、雄株は茎の上部の葉が下部の葉より大きく、雌株はその逆となる。
雄株は茎頂に萼片、花弁が4個の淡黄色の小花を球状に密集してつける。花弁は長さ3mmほどの狭楕円形。雄しべは8個、まれに4個で葯は橙紅色。雌株は雌しべが4個あり、花が赤みを帯びるが小さいので目立たない。
果実は4個の袋果で長さ6-9mm。緑褐色から鮮やかな紅色に色づく。種子は狭楕円形で縦に細かい筋がある。秋には葉が紅葉する。
関東北部以北には、鋸歯が深く葉が細いホソバイワベンケイも生育する。
花期:7-8月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2004.7.17 静岡市葵区
イワベンケイの雌株
イワベンケイの雌株

ホソバイワベンケイに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。