イワアカバナ

イワアカバナ(アカバナ科)[岩赤花]

名は、岩場にも生えるアカバナのことで、アカバナとは花の色ではなく、秋に赤くなる葉の様子を言い表わしている。
山地帯~亜高山帯の湿ったところに生える多年草で、上部で分枝して高さ20-60cmになる。茎や花柄に屈毛(曲がった毛)が密生する。
葉は対生し、長さ2-8cm、幅1-3cmの長楕円状披針形で縁に鋭い鋸歯がある。
花は茎の上部葉腋につき、長い子房のある淡紅色~白色の4弁花で直径0.6-1cm。花弁の先は浅く2裂し、半透明の縦筋が8本ほど入る。雄しべは10個、雌しべは1個あり、雌しべの柱頭は球形。種小名のcephalostigmaは、「頭状の柱頭の」の意で、まさにこのことを表している。
果実は長さ3.5-8cmの蒴果で屈毛がある。
母種のケゴンアカバナは、柱頭は球形だが、丈が6-40cmと低く、茎の稜上に2列の屈毛がある。
よく似ていて平地にあるアカバナは、柱頭が棍棒状で、茎や花柄に開出毛が生える。
花期:6-9月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.7.31 青森県三戸町

アカバナに戻る ミヤマアカバナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。