イブキトラノオ

イブキトラノオ(タデ科)[伊吹虎の尾]

滋賀県と岐阜県の境にある伊吹山に多かったことからこの名があり、夏の高原で群生する様は独特の趣がある。
低山帯~亜高山帯の日当たりのよいやや湿った草地に生える多年草で、茎は分枝せず高さ0.5-1.2mになる。
根生葉は翼がある長い柄があり、卵状長楕円形~披針形で先がとがる。 茎葉は上部のものは無柄で葉身も小さく、茎を抱く。
茎頂に円柱状で長さ3-6cmの花穂を1個つける。花色は白色~淡紅色で、1つの花被(萼)は長さ3mmほどで5深裂する。雄しべは8個あり、花から雄しべが長く突き出る。花柱は3個で花弁はない。果実は長さ3mmほどの痩果で3稜があり、黒褐色で光沢がある。
根茎は漢方で拳参<けんしん>といい、下痢止めや口内炎などに用いる。
早池峰山固有種のナンブトラノオは花の色が濃く、雄しべが10個あり、葉柄に長い翼はない。エゾイブキトラノオはイブキトラノオよりも全体に大きく、葉も幅が広く卵状披針形で、花は普通、淡紅色。
亜高山帯~高山帯に生育するムカゴトラノオは、大きいものでも50-60cmほどと背が低く、花穂の下半分に果実と見紛うような赤いむかごをつける。
花期:7-9月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.7.16 静岡市葵区

ナンブトラノオに戻る ムカゴトラノオに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。