イブキゼリモドキ

イブキゼリモドキ(セリ科)[伊吹芹擬]

低山帯~亜高山帯の林縁や草原に生え、高さ30-90cmになる全株無毛の多年草。茎は細く、あまり枝を分けない。
葉はやや硬く光沢があり、1-2回3出複葉。小葉は卵状披針形~広楕円形でさらに羽状に中~深裂し最終裂片は卵円形~卵形で先はとがる。葉柄の基部は赤みを帯びた鞘になる。
茎上部に複散形花序を出し、直径1-3mmで白色の小花をややまばらにつける。花序の総苞片は1-2個、小総苞片は10個ほどある。果実は長さ4mmほどの長楕円形でやや翼状の隆起線が5本ある。
よく、「イブキゼリ・モドキ」と解釈して、「イブキゼリ」という植物はないのだから存在しないものにモドキをつけてよぶのはそもそもおかしいのではないかと言われる。
伊吹山にはよく似た「セリモドキ Dystaenia ibukiensis」は自生するが、別種「イブキゼリモドキ Tilingia holopetala」は自生しない。当初、Tilingia holopetalaは伊吹山にもあるものと思われていて(セリモドキを誤認していたか?)「イブキゼリ」という名が使われていたが、伊吹山に産しないことがだんだん知られるようになってから、これは不適当だからということで、取ってつけたように「モドキ」を名を付加してよぶようになったのだろう。
この「伊吹芹・擬」の解釈では元々はそういう「名前」を使っていたのだから…、ただ現在はないが…」ということになるし、一方「伊吹・芹擬」とする解釈は、「伊吹山にあるセリモドキとは別種の植物」ということになるが、伊吹山には自生していないのでこれも不都合がある。はてどうしたものか、あまり深く考えないほうがいいのかもしれない。
別名ニセイブキゼリコイブキゼリという。
シラネニンジンと似ているが、花がややまばらにつくので見た感じの雰囲気が異なる。
花期:7-9月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2006.8.5 青森市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。