ホソバノアマナ

ホソバノアマナ(ユリ科)[細葉の甘菜]

名は、アマナに似て、葉が細いことからついたもの。ホソバアマナともいう。
山地の日当たりのよい草原に生え、花茎の高さ10-25cmになる多年草。
地下に古い灰黒色の葉鞘に包まれた、楕円形で長さ1cmほどの鱗茎がある。
根生葉は長さ10-20cm、幅1.5-3mmの3稜のある線形で普通1個。上部に小さな葉が2-3個つき、最下の葉は長さ3-6cmの披針形。苞は線形。
茎の先端で分枝し、白色で緑色の筋がある漏斗形の花を1-5個つける。花被片と雄しべは6個で雄しべは花被片より短い。子房は3室。花被片は長さ1-1.5cmの長楕円形で基部に腺体はなく、花被片は花後も落ちない。
果実は倒卵形の蒴果。
アマナとは別属でチシマアマナの仲間だが、チシマアマナと異なり、花被片の基部に腺体はない。葉はチシマアマナより幅が広い。
花期:5-6月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.5.7 群馬県黒保根村
ホソバノアマナ-2

チシマアマナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。