ヒメコザクラ

ヒメコザクラ(サクラソウ科)[姫小桜]

名は、姿や花がきわめて小さいことからついたもの。
早池峰山の高山帯の湿り気のある蛇紋岩の岩場や湿った草地に生える多年草で花茎の高さは3-8cmになる。絶滅危惧ⅠA類(CR)。
根生葉は数個つき、長さは葉柄を含めて1-3.5cm、幅0.5-1cm広卵形~卵円形で先は短くとがり基部は急に狭くなって柄となり、縁にとがった不揃いの鋸歯がある。若い葉は縁が裏側に巻き、裏面に密に白粉があるが、のちに落ちる。
花茎には微腺毛がまばらにあり、先に1-4個の花を散形状につける。花は長花柱花と短花柱花がある。花冠は白色で喉部は黄色、直径0.8-1cm、5深裂して裂片はさらに2浅~中裂する。筒部は長さ3-4mm。雄しべは16個。萼は長さ4-6mmの筒状鐘形で5中裂し、縁に微腺毛が多い。小花柄は直立し、長さ0.7-2cmで微腺毛が多い。苞は線状披針形で基部は膨らまない。
ヒナザクラを小さくした感じであるが、ヒナザクラのように群生せず、花冠は平開する。
果実は長さ6-8mmの円柱形の蒴果で残存する萼の2倍長で直立する。
早池峰山のほかにも岩手県内の大東町(2005年に新設合併で現在の一関市の一部となった町)の蛇紋岩地に自生地があったが、現在確認できないという。
花期:5-7月
分布:岩手県
撮影:2001.6.16 岩手県大迫町

ヒナザクラに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。