ヒメイワショウブ

ヒメイワショウブ(チシマゼキショウ科)[姫岩菖蒲]

亜高山帯~高山帯の湿った草原や砂礫地に生える常緑の多年草。高さは5-15cmと小さく、目立たない。根茎は短い。
根生葉は長さ3-8cm、幅2-6mmの線形で、先は急に小さな突起となってとがりそれが葉の内側に向かって曲がる。縁に細かい突起があってざらつく。
根生葉の中心から花茎を直立し、上部の長さ1-4cmの短い総状花序に節ごとに1個ずつ数個~10数個小さな淡緑白色の花を半開きに上向きにつける。花茎、花序、花柄に腺状突起はない。花茎には1-2個の小さな葉がつく。花柄は長さ1.5-3mmで直立し、基部に苞がある。花被片は2列に並び6個、長さ2-3mmの長楕円形で宿存性。雄しべは6個あり花被片より少し短く、葯は黄色。雌しべは1個で緑色、花柱は3個。
果実は長さ4mmほどの長楕円形の蒴果で花被片より明らかに長い。種子には尾がない。
よく似たチシマゼキショウは、花は赤紫色を帯び、横向きか斜め下向きにつける。
イワショウブは湿地に多く見られ、高さ10-40cmになり、花被片はしばしば赤紫色を帯びる。花茎上部、花序、花柄に腺状突起があり触ると粘つく。
花期:7-8月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2002.8.1 長野県大町市

チシマゼキショウに戻る  イワショウブに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。