ヒゲネワチガイソウ

ヒゲネワチガイソウ(ナデシコ科)[髭根輪違草]

山地の林内に生え、茎は直立し高さ10-20cmになる多年草。やや膨らんだ根が1-4個あり、ひげ根状。茎に1列の軟毛がある。
葉は対生し、上部の2対の葉は接近して輪生状になり長さ3-4cmの広披針形~広卵形で先はとがり、下部の葉は2-4対あり倒披針形。
花柄は無毛で長さ2-3cm、花は1個が頂生し、萼片と花弁は5-7個で近くに生えているものでも一定していない。花弁は白色で、長さ6-8mmの倒披針形で全縁、先はとがる。
果実は卵球形の蒴果。
ワダソウは花柄に1列の短毛があり、花は1-5個つき、花弁は5個あり先端がわずかに切れ込む。上部の2対の葉は広卵形~菱状卵形。
花期:4-6月
分布:本(福島県~中部地方)
撮影:2004.5.7 群馬県黒保根村
ヒゲネワチガイソウ2


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。