エゾツツジ

エゾツツジ(ツツジ科)[蝦夷躑躅]

北海道で最初に採集されたことからこの名がある。
高山帯の風当たりの強い岩礫地や草地に生える高さ5-30cmの落葉小低木。枝は開出した毛が生え、よく分枝して岩上をはい、上は斜上して細い枝を出す。
葉は互生し、長さ2-4cm、幅1-2cmの倒卵形で先は円く、縁と裏面に褐色の剛毛と腺毛が生える。
若枝の先に総状花序を出し、1-3個の濃紅紫色の花をまとめて横向きにつける。花は直径3-4cmで漏斗形。花冠は5裂し、上の3弁は中裂、下の2弁は深裂する。上弁には褐色の斑点がある。雄しべは10個あり、下の5個は長く、花糸の下部に細毛が密生する。花柄には開出毛と腺毛がある。花柄に葉状の苞があり、花柄と萼筒には腺毛が生え、粘る。
果実は卵形の蒴果で5つに裂開する。
ツツジといっても丈が低く、地面から直接花が出ているように見える。花は直径3-4cmだが、丈が小さいために花が実際以上に大きく見え、色も鮮やかで美しいので遠くからでもよく目に入る。背が低いのに蕾も丸くぼってりとしており、高山植物としての風格を備えている。
本州では青森県にはなく、岩手山や八幡平(南限は源太ヶ岳まで)、秋田駒ヶ岳などで見られ、特に秋田駒ヶ岳では群落となって咲き、花を求めて下界から登ってきた登山者は、そのあでやかな美しさに思わず息を呑む。
秋田県ではかつて神室山でも生育していた記録があるが絶滅したようだ。
まれに白花品があり、シロバナエゾツツジという。
花期:7-8月
分布:北・本(岩手・秋田県)
撮影:2004.6.27 秋田県田沢湖町
エゾツツジ-2

チングルマに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。