エゾスズラン

エゾスズラン(ラン科)[蝦夷鈴蘭]

同属のカキランを別名スズランといい、よく似て北海道に生えるという意。ただし、北海道から九州まで分布する。緑色の花をつけるので別名アオスズランという。
山地帯~亜高山帯の林下に生える目立たない地生ランで、高さ30-60cmになる。全体に褐色の短い縮毛が生えていてざらつく。根茎は匍匐し短い。
葉は5-7個が互生し、長さ7-12cm、幅2-4cmの楕円状卵形で鋭くとがり基部は茎を抱く。葉面や葉脈上に白色の毛状突起がある。
総状花序に淡緑色で直径1-1.5cmの花を片側に偏って10-20個つけ、下から咲いていく。苞は草質でしばしば花より長い。萼片は長さ0.9-1.2cmの狭長楕円形で鋭頭、著しい稜がある。側花弁は卵形で萼片より短く鋭頭。唇弁は蕊柱の基部につき淡緑色で上下に分かれ、卵状披針形で側花弁と同長。下唇は半球状楕円形で内面は黒褐色、上唇は3角形。蕊柱は大きく下唇と同長。葯は広卵形で先端につく。
果実は蒴果。
クロマツなどの海岸林に生えるものをハマカキランといい、唇弁の色が白色~黄緑色で赤紫色の斑紋があり、萼片の黄色を帯びるものをいうが、区別しない見解もある。
同属のカキランは、花の数が少なく10個程度。花は黄褐色。
花期:7-8月
分布:北・本・四・九
撮影:2009.7.26 青森市
エゾスズラン-2

カキランに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。