エゾシオガマ

エゾシオガマ(ハマウツボ科)[蝦夷塩竈]

亜高山帯~高山帯の日当たりのよい草地や礫地に生え、高さ15-60cmになる半寄生の多年草で、茎は稜があり根元で株立ちして直立する。本州中部以北の高山に普通にあり、見かける頻度は高い。
根生葉は花時にはない。茎葉は下部では対生するものがあるが、ほぼ互生する。葉柄は短く長さ3-7mm。茎葉は長さ3-6cmの3角状披針形でまばらに毛がある。羽裂しないが二重の鋸歯があり、先はややどがり基部は切形。
茎の上部の葉腋に黄白色~白色の花が1個ずつつき、ねじれて横向きに咲く。上から見ると、花冠の先は時計回り方向を向いて、きれいな渦巻きに見える。花冠はねじれているので左右非相称。長さ1.5cmほどの上下2唇形で、上唇は嘴状、下唇は倒卵形で幅が広く3浅裂するが中央裂片はごく小さい。萼は卵形で先はとがる。
果実は3角状卵形で長さ1cm弱の蒴果。
セリバシオガマに似ているが、葉が羽裂しないこと、花の黄色味が強いことで区別できる。茎や萼に短毛が多いものをビロードエゾシオガマという。
花期:7-9月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2009.8.2 岩手県一関市

ミヤマシオガマに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。