エゾルリトラノオ

エゾルリトラノオ(オオバコ科)[蝦夷瑠璃虎の尾]

山地や海岸の日当りのよい草原や林縁に生え、高さ0.5-1mになる多年草。茎は軟毛が生え、直立する。
葉は有柄で対生し、やや厚くて硬い。長さ5-12cmの長楕円形で不揃いの細かく鋭い鋸歯があり、先端は鋭くとがる。基部は広いくさび形~切形。裏面に短毛が密生し白く見える。
茎の先に総状花序をつくり、淡青紫色~白色の花を密につける。花冠は長さ5mmほどで、2個の雄しべが花冠の外に突き出てよく目立つ。小花柄も有毛。
変異が大きく、変種にヤマルリトラノオ、キタダケトラノオ、ツクシトラノオなどがある。青森県ではビロードトラノオエチゴトラノオがある。
クガイソウは花が似ているが、別属で葉が輪生するので容易に区別できる。
花期:6-8月
分布:北・本(北部)
撮影:2005.7.31 青森県南部町

ビロードトラノオに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。